忍者ブログ
主にRO、ときどきチラシの裏。 底辺レーサーから上位を目指す一プレイヤーの日記。
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
動画@ニコニコ
ミク時計
最新CM
[05/01 さ。]
[11/19 夜乃月]
[11/18 トラ]
[11/07 ザワー]
[09/25 野苺]
最新TB
プロフィール
HN:
はっちん
性別:
男性
職業:
フリーター(ノ・ω・`)
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
カウンター
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

またやってしまいました長文独り言シリーズ。ご大層にタイトルなんぞつけてみたりして。どう見てもN○Kのアレのパクリですけど。


実は今日ログインして知ったことなんですが、ある知人の所属ギルドで現在問題が起きているそうで。ちょうどいい機会なので、それに関連して私の持論を再びだらだらと書いてみようと思います。


それでは同じように前置きから。


以降の文章は読んでいる方に私の考え・価値観を押し付けるものではありません。あくまで私個人の主観であることを了承のうえお読みください。


まずその揉め事の内容なんですが、どうも日常や定期ギルド狩りにおいてメンバー間にひずみが生じてきているそうなんです。一番大きな原因は装備・レベルの格差。基本的に誰でも入れるギルドなので、所属メンバーにも色々なレベルの人がいるわけですが、日常の会話や定期狩りの場で、一部高レベルの人が装備・レベルの不足しているメンバーにあてつけるような態度・発言が多く見られるようになってきたということです。で、ギルド内の雰囲気が悪くなってきて、一部メンバーが脱退を仄めかすところまできているらしい…。



さて、ここから私の持論。まず第一回で書いたとおり、私は「ギルド」は学校の「クラス」のようなものであり、基本的には「たまたま集まった同士で形成された集団」であると考えています。各々のプレイヤーはギルドメンバーである以前に「一人の人間」です。それぞれに自分なりのプレイスタイルがある。だから所属メンバーが同じ価値観を持てることはごく稀だし、全員が等しく仲良しであることは至難、また必ずしもそうする必要はないのです。同じギルドに所属してるというだけでは、それぞれのプレイのスタイルを否定したり、無理に変えさえたりすることまではできないと思います。

がしかし、ギルドも一つのコミュニティです。日常の行動は個人の自由にしても、ギルドとして皆で活動するときはその方針に従う義務も生じるんじゃないでしょうか?イベント然り、ギルド狩り然り、GvG然り。たとえば私の所属するギルドでは、土曜夜には資産狩り、水曜夜にはフクさん主導のPT狩り推奨タイム(勝手に命名)があります。資産狩りは「ギルド資産を稼ぐこと」が目的だし、PTタイムは「PTで狩りに出かけること」が目的です。だから、これらに参加するときは経験値は二の次にして、目的に向かって一つになって行動するべきだと思うわけで。ギルドとして統率が取れているというのはこういうことなんじゃないでしょうか。ハイレベルな狩りがしたい、経験値を稼ぎたいなら、それ以外の時間にいくらでもやればいいんです。ギルドが用意した場なんですから、そこでも自分の我侭を通そうとするのは間違いでしょう。それにうちのギルドの場合はこれらの定期狩りも参加は自由なので、内容が不満なら出なければいいし。私はGvで経費をもらってる身なんで、資産狩りは毎回出るようにしてますけどね(・ω・)b 出れなかった週は自腹参加ですよ(゚∀。)

知人のギルドについてですが、きっとこれら「目的」の所在が曖昧だったんじゃないかと思われます。それがはっきりしないから、それぞれが自分のほしいものをそこに求めてしまうわけで、そこから軋轢が生まれてしまったんでしょう。何を目的とした狩りなのかは詳しく聞いてみないとわからないですけどね。ギルドにも「雰囲気」というものがあるわけで、メンバーは方針にしたがい、勝手な行動や空気を読まない発言は避けるべきです。参加はほぼ強制らしいので、まず所作が改められるかどうか様子見、その気がなさそうならその時間帯のログインを控えさせる(または禁止にする)か、ギルドの方針に合わないとして脱退を勧める、というがいいんじゃないですかね。レベルの高いギルド狩りがしたがっているなら、それを行っているGに移籍してもらえばいいんです。普段も装備などの話で摩擦があるみたいですが、これはプレイスタイルの違いですし適当に流せばおk( ゚д゚)y-┛~~  まぁ心ある有志が問題解決に奔走してるようなので、きっと丸く収めてくれると思います。



閑話休題。



第一回の長文を書いた直後、LiveROにこんなスレが立てられてました。

狩りに誘われやすい人と誘われにくい人 http://enif.mmobbs.com/test/read.cgi/livero/1211285551/l50

ちょwwwタイムリーすぎwww 発見したときと口からお茶吹きました(嘘 まさかここ読んだ人がスレ立てた…んじゃないよね?(ノ∀`) 読んでみると「なるほどなー」と思えることもあったり、「あるあるwww」なものも。でも、やっぱり「自分から動かない人は誘われにくい」っていうのは私もスレの意見も共通してる気がしますね。で、前回の分を書いた後から、このスレを見たりして考えがまとまってきたのでまた追記してみようと思う。


まず「自分は何もしない、けど周囲への注文はする人」は組みたくなくなりますね。このテの人は「楽しく狩りはしたいけど面倒なことは人にやってもらいます><」という魂胆が見え見えです。暇をアピールはするものの、自分からは狩りの誘いはかけない⇒狩りに出かける流れにならないと(捨て台詞や自虐とともに)ログアウトする。たとえ狩りに誘ってもらえても、狩場決めや編成は全て他人任せ。また酷い人になると、狩りの内容が不満だと愚痴や文句を並べたり、途中で帰ったりする。こんな人はもう勘弁してほしい。ていうか人間的に好きにはなれない。自分の都合のいい友達ばかり集めて勝手にやっててくださいと思いますね。余談ですが、昔あるギルメンが暇だから狩りに行きたいと言ったので、他の皆で狩りの行き先を話し合ってた最中に、それまで黙って座っていた本人が「あ~お茶がうまい」などと発したのでブチ切れてその場でログアウトしたことが…。キレて落ちたのは後にも先にもこのときだけです(;´_ゝ`)

次に「向上心・やる気のない人」もこちらから誘う気にはなりません。ROは装備ゲーだと言われ、公平PTが組めるLVにも制限がありますが、たとえその時点では装備やLVが整っていなくても、(リアルラックの差はありますが)それらは努力すれば必ず得られるものです。私も今でこそある程度の装備が揃い、転生職も3名いますが、それも昔からの地道な積み重ねの結晶ですからね。地道なソロ狩り、回復剤を節約、オークション品は積極的に買い取ったり、転売をしたり。その自負があるからこそ、私は努力する人は応援してやりたい。逆に、それらの努力もなく「装備ない;;」「レベル上がらない;;」と自虐しているだけの人には用はないですね。あと「吸わせて」発言をする人。超効率が出る狩場が増えてきていますが、高効率の狩りというのはそれなりの投資やリスク、加えて狩場についての研究の上に成り立っているわけで、それを乗り越えた人だけに許される特権だと思うのです。それにくっついていけばラクにレベルを上げられるという安易な発想はどうかと思いますね(経費を全額or一部負担するとかならまた別ですが)。最近の上級狩場は、動きのコツを知らないとすぐやられちゃうような狩場が多い。何も考えずこれらの狩りについていこうとして、準備不足は「KIAIでw」などとごまかすような人はいりません。狩りとは直接関係はないけど、クエストやステ振りも自分で調べもせずに何でも人に聞いて済ませるのもどうかと思うな…。


私も効率の出る狩りが大好きです。いわゆる「効率厨」です。でも「効率厨」にも

 ・まず効率ありき、王道を求め不要な構成を極力削る
 ・既存の構成、その中で効率を伸ばす努力をする

の二種類がいます。両者は手段と目的が真逆ですね。前者は温もり拳聖や、臨時の鉄板PTがその顕著な例でしょうか。私は(たぶん)後者です。結構気分に左右されますが。やはりPT狩りは、組んでいて楽しい人とやりたい。その中で効率が出せるならとても幸せなことですね(*´ー`)y-~~ 

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Copyright © 2008 行こうぜ底辺から空へ All rights reserved.
忍者ブログ [PR]
Template by SOLID DAYS